プログラミングスクール

RaiseTech AWSフルコースの申し込み方法

 

RaiseTech受講申し込むページへアクセス

RaiseTech申し込みページ にアクセスする

参加条件」と「支払い手順」を確認する

PCを持っていない人はMacを購入しましょう。

エンジニアの場合、WindowsよりもMacが仕事先で使われているケースが多いです。

 

申し込みフォームに入力する

必要事項を入力していきます。

  • 返金保証があるのは「AWS フルコース
  • 「早割」だと10%offでお得
  • クレジットカード支払いだと最大24回分割払い可能 (¥15,000/月ほど)

 

受講申し込みメールを確認する

数分で「【RaiseTech】受講のお申し込みありがとうございます」というタイトルのメールがきます。

  1. コース内容が正しいか
  2. 受講料の支払期限
  3. 今後の流れ

の3つを確認しましょう。

  • 10分経っても届かないときは「迷惑メール」か「RaiseTech」でメールフォルダを検索しましょう
  • 見つからない場合は  info@raise-tech.net にメールで問い合わせましょう

申し込み完了メールの確認

「受講申し込みメール」とほぼ同じタイミングで、「【ご案内】本申し込みのお手続き」というメールが届きます。

メールに記載されているURLをクリックしましょう。

クレジットカード払いの場合

メールに記載されている決済用のURLをクリック

「分割払い」をしたい場合は「+」ボタンで分割回数を変更できます。

受講前ヒアリングの案内が来るのを待つ

決済が終了したら、申し込み完了です。

おつかれさまでした!

あとは、RaiseTechから「受講前ヒアリング」の案内メールが届くのを待ちましょう。

事前学習をしておきたいなら

早割で申し込んだ方はもちろんですが、受講開始日までの期間は「事前学習期間」となります。

コース開始後につまづかないよう、空き時間で事前学習をしておき、スタートダッシュを切りましょう!

カリキュラムは下記になります。

raisetech_curriculum

AWSの学習の前に、AWS上で動かすアプリケーションを「Ruby on Rails」というものを使って作成します。

ですので、下記の勉強をしておくと、スムーズに「WEBアプリケーション開発」のカリキュラムをこなせます。

  1. HTML/CSSの基礎
  2. Rubyの基礎
  3. Gitの基本的な操作
  4. 基本的なLinuxコマンド

オンライン講座

ウェブ開発入門完全攻略コース – HTML/CSS/JavaScript. プログラミングをはじめて学び創れる人へ!であれば「HTML/CSS/Ruby/Git」を基礎から学習できます。

23.5時間分の動画があるので、1日2時間勉強すると2週間くらいですね。

この中で一部AWSやRuby on Railsについても使えるので、事前学習にはもってこいだと思います。

ウェブ開発入門完全攻略コース – HTML/CSS/JavaScript. プログラミングをはじめて学び創れる人へ!

書籍

書籍だと下記が初心者向けでおすすめです。

HTML/CSSの基礎

Rubyの基礎

Gitの基本的な操作

基本的なLinuxコマンド

 

 

 

 

ABOUT ME
豆太郎
スタートアップで働くクラウドインフラエンジニア。AWS/GCPを触って5年ほど。元アプリエンジニアです。2人の子どものアラート対応をしつつ、インフラも見てます。クラウドインフラを勉強しつづけて年収1200万円ほどに。エンジニア採用で数十名以上面接してきました。AWSまわりのトレンドや転職に関する情報を発信しています。サウナが好き